引きこもりがちな訳っ!


身体が弱いわけではありません。
人並みには、人とコミュニケーションはとれます。
肌が弱くて、日光を浴びられないわけでもありません。

ぼくが、自宅作業(フリーランス)になったいきさつを書きたいと思います。

もともとは、フリーターでした。
職種は、コールセンターです。

今でこそ、フリーのwebデザイナーといて、クライアントさんから仕事をもらったり、企画を提案して、web制作の部分だけ回してもらったりしてますが、

フリーターのころは、

・ブラウザっていうのは、windowsとどうちがうの?
・firefoxって、画像の編集できるの?←画像編集ができるのはAdobeのfireworksです。
・windowsとmacが違うのはわかるけど、OSってmacなの?←意味がわかりません。

のような、全くパソコンのことはわかりませんでした。

しかし、オンラインゲームはできたんです。
しかも、ただできたわけではなく、某ゲームで最高全国で100位以内、新しいモンスターが登場すれば、顔のわからない地方の人とグループを作って、最短攻略し、攻略方法をブログでアップ(ほかのメンバーがやってました)して、廃人一歩手前、というか、セミプロというか、な感じでした。

そして、ある日気づきました。

どんなにうまくなっても、お金にならないのです。

2年間かかって、達人の域まで行きましたが、2年かかって、お金にならないことに気づいたのです。

そこで、ゲームを引退しました(オンラインで引退式をやってもらいました)

ゲームに使っていたエネルギーをほかのものに転化できないか考えました。

そして、ハローワークの職業支援講座を見つけ、web制作を3ヶ月学び、修了後、独学で勉強して、1年後にweb制作でお金をもらえるようになりました。

コールセンターでバイトしていたおかげで、クライアントさんとの電話でのやり取りは、評判がいいです。

仕事をするのに、外にでる必要はないのです。



Copyright © 2016 引きこもりがちな人のための健康生活 All Rights Reserved.