1日は24時間っ!


当たり前のことですが、1日は24時間しかありません。

6時間は睡眠時間を取りたいので、18時間しかありません。

ぼくは自宅作業のほかに家事をしなければなりません。

家族サービスもしたいです。
昼寝もしたいです。

となると、時間配分を考えないと、時間が足りなくなるのです。

ぼくのタイムテーブルです。

朝6時起床
具沢山のお味噌汁で朝ごはんなど

朝7時〜10時 作業(3時間)
朝10時〜11時 洗濯&昼寝

11時〜13時 買い物&お茶(お茶しているときにメールチェックなどしています)

13時帰宅後、17時まで作業(4時間)

17時〜夕食の支度、夕食などを20時まで

20時〜23時 作業(3時間)

が基本の時間割です。

1日10時間の作業をこなしていますが、
家事もしていますし、妻との団欒の時間も夕食のときに取れています。

絶対に毎日この時間割かというとそうではありませんが、
ほぼ、この時間割で動いています。

フリーだからこそ、10時間を越えての作業は余程のことがない限りしません。

余談にはなってしまいますが、1日10時間の作業時間がとれるわけとしては、
通勤時間がないのが1番大きいと思います。

通勤のために、なんだかんだで片道1時間かかるとすると、1日2時間は通勤に使うのです。
自宅での作業は、通勤がないのです。

例えば、時給1500円だとすると、3000円分の作業時間を確保できるわけです。

社会保障はありませんが、自宅作業は、なかなかいいですよ。



Copyright © 2016 引きこもりがちな人のための健康生活 All Rights Reserved.